長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧

どうなる、楽天

出張に行ってたり、事務作業が多かったりで、なかなかニュースにキャッチアップできていなかったのだが、このところ目に付くのは楽天である。先週金曜には、株価が今年の最安値を更新した。終値でも、一時期1兆円を越えた時価総額は8604億円に落転し、財務的には不安は多い。今年6月上半期の連結売上は358億円だが、有利子負債は4843億円もある。かたやTBSの時価総額は6289億円だが、有利子負債額は同じく今年6月で550億円、持久戦でどちらに分があるかは言うまでもない。

今朝の新聞によると、三木谷氏は楽天を世界で6番目のネット企業と位置づけているらしい。グーグル、イーベイ、日米ヤフー、アマゾンの次である。しかし、目標を掲げるのは結構だが、ドメスティックなショッピングモールサイトがこのあたりの企業と比肩しうるかと言うといかがなものか。現に私は、イーベイは別として、G、A、Yは毎日使い倒しているが、Rにはほとんど近づくことがない。

R30氏の滑る筆は、本件をうまくまとめていて参考になった。
Appleは、ソフトをフリー、コンテンツを他人任せにして、ハードで儲けるというモデルでとりあえず成功した。三木谷氏も、「コンテンツなんて、あんなもの自分で作っちゃダメですよ。世の中にいくらだって転がっているのだから」と、かつて周囲に語っていたという。

今日のギャオのインタビューでは、同氏は、フィーモデル、広告モデル、興行モデル、トランザクションモデルの4種を挙げていたが、いずれも楽天の優位性についてはイマイチに思えた。TBSに寄せる想いの言葉は、ホリエモンの時とあまり変わらず、むしろスマートな分だけ印象は薄かった。やはりコンテンツなのか。

ホリエモンとは対照的な上品なキャラクターで政財界を味方につけてきた観のある三木谷氏だが、何だかここへ来て四面楚歌状態になっている。私としては、田尾氏を解任した際に「自分は知らない。フロントが決めること。」と逃げ腰発言をしていたのが残念だった。最近では、隊長が、ロッテ優勝セールに沸く楽天に違和感を表明していたが、その違和感の裏づけ調査をしていている器用な人もいた。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-31 00:05 | issue

マイミク公募、その後

mixi上にて黙々と日記を綴っていた某役員について、折角だからもっと多くの人達に読んでもらったらいいのに、と思い立ち、社内で広く紹介してみたのだが、想像以上にレスポンスが悪かった。私が見回す限り、多くの社員達が毎日mixiを開いているようだったから、ちょっとしたニュースに気軽に反応する人は結構いるんじゃないかと予想してみたのだが、なんと頑ななまでに多くの人達が無反応だったのである。これは何を意味するのだろうか。理由を推察してみる。

1. もうmixiなんて飽きた、という人が多い。
2. SNSに関心を持つ人が少ない。
3. 私の言うことに耳を貸してもロクなことがない。
4. 某氏には日頃怒鳴られているからもうこれ以上接したくない。
5. わざわざ「友人」関係を「お願い」するのは抵抗感がある。
6. 万一マイミク承認を拒絶されたら傷つく。
7. いつも同じようなこと言っているから、内容は大方想像がつく。
8. 職場の人とは一定の距離を置きたい。
9. 自分のプライバシーを明らかにするのは嫌。
10. 下手に接近すると、不快な人権侵害を被りそう。

どれかというより、多くの点が重複して該当しているようにも思える。

当初の私の意図としては、強靭そうな某氏も、所詮悩み多き迷える子羊であることを知らしめたかったのだが、なかなか伝わりにくいものなのかも知れない。伝わらないということには、危機感を覚えもする。

以前にも、誰かが、私のmixiのページにはくれぐれも足あとを残さないように気をつけよう、と言っているのを聞いて、やれやれと思ったものだった。プレミアム特典に足あとを残さない機能を付けてみたら、有料会員は増えるんじゃないか。某氏の日記も、このblogみたくコミュニティ外に置くと読者は増えるのだろう。

結局、どう振る舞ったところで、孤独でしかありえない。近づくのも憚られるほど畏怖されるリーダーも悪くないだろう。だが、経営陣に対して威厳を感じて社員が距離を置くのならまだしも、冷めた目を向けるようになっては、たぶん会社の運営はスムーズにはいかない。かと言って、仲良し組織なら良いわけもない。願わくば、組織が日々反省し、学習し、自信を得つつ高い目標への挑戦を重ねて欲しい。冷めた気持、あきらめのムードがあるとすれば、まったく危機的なことだ。たかがSNSなのだけど、少しばかり不安を感じた。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-30 01:28 | diary

58'51"

16-17時、気温19℃。往路28'59"、復路29'51"。3週間ぶり。身体は重かった。出張の疲労がまだ残っているのか、前夜9時間近くと寝すぎて調子が狂ったか、実際に体重が増えたのか。

無理を避けたい、という気分もあった。季節の変わり目には風邪を引き易い。家でもガキが二人ともゴホゴホしつつ鼻水を垂らしている。雨に濡れたところでどうということはないのだが、限界に挑む走りは体力を大きく落とす。フルマラソンを走ろうものなら、5割位の確率で、体がおかしくなる。

今朝の新聞にうがいで風邪の発症が4割減るとの記事があった。私もかれこれ10年近く、ほぼ毎日歯磨きと同時にイソジンのゾロ品でうがいをするのが習慣になっている。病気は本当に参る。今年もインフルエンザ予防接種を受けておこう。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-29 23:58 | run

オランダにて

仕事の出張ついでに初めてアムステルダムの街をブラブラした。オランダは、私にとってヨーロッパで5番目に訪問した国となった。これまでは、日本にどんたく(蘭語で日曜日)をもたらした、17世紀が全盛だった国、やたら身体がデカイ国民という位の印象しかなかったが、今回はっきり自覚させられたのが、この国の合理性尊重の風土である。例えば、街を歩いて気付いた点はこんなところ。

・中央駅に夜8時頃に到着したのだが、駅前に人は多いのに日本の平均的な私鉄沿線の駅前の街灯に比べても、闇のような暗さだった。
・英語がよく通じる。公共の看板など、ドイツでは第一にドイツ語、第二に英語だったのが、オランダでは第一が英語になる。客とみればほぼ誰に対しても、最初から「ハロー」と英語で話しかけているようだ。
・街の真ん中の広場には移動式の遊園地が滞在中であり、古風な王宮の隣でけたたましいダンス音楽とともに観覧車が回っていた。
・自転車大活躍。自転車道がよく整備されている。
・最高級デパートといえども、品揃えが豪華という感じではなかった。

そういえば、go Dutchと言えば、割り勘であり、ケチはオランダ人の代名詞だった。だが、ケチではあってもできることは幅広い。

・16歳から酒も煙草もドラッグもOK。全てのクスリが合法という訳でもないのだろうが、クスリ売人達による積極的な営業活動、交渉なのか怪しげな言い争いやラリッた顔での吸引行為が街中で自然に見られる。
・同性愛、安楽死、OK。
・飾り窓システム。100軒位はひしめくのか、ずらり居並ぶウィンドウ越しに当人同士が一対一で交渉する。場所は、街の中心、14世紀建立の威厳ある教会の目の前に軒を並べている。ヤクザみたいな女衒衆は介在していない(と思う)。観光客風情の3割位はおばさん達を含む女性客で、グッズ屋や本番劇場が乱立するエリアでもキャッキャッと面白がって覗いている。

ある意味歌舞伎町より生々しく強烈なのだが、特別治安が悪い訳ではないようだ。節度と自己責任とが徹底しているということなのか。とらわれないという意味では、dutch wifeなんて合理性の塊みたいな発明かも知れない。歴史的にも、ベネルクス3国の親密度は高く、EU統合も引っ張ってきたことになる。ポンドがユーロになる日なんて来るのだろうか。

観光地としては、アンネ・フランクの隠れ家やレンブラント、フェルメール、ゴッホの絵など見る。運河は想像以上に綺麗だった。駅の後は海、前は運河で一回り小さくした東京駅が池に浮いているよう。私が生まれる前の実家の目の前も運河であり、街の縦横に堀が流れる様は水の都と呼ばれた由縁だが今は陰も形もなく、アムステルダムの偉容は羨ましかった。

旅の最後に大失敗。帰りの飛行機に乗り遅れるという前代未聞のミスを犯してしまう。考えてみれば、オランダを夕方に出て翌日の朝に日本に着いてる訳がなかったのに。自由の街を謳歌し過ぎてボケたせいか、よほど帰国がためらわれたのか。慌しくいくつかの選択肢を検討した後、乗り遅れること3時間、日曜の17時にアムスを経ち、上海経由で19時間、予定より10時間遅く、先程、月曜の18時に成田に着く。

さて、明日からは日本。1週間、エネルギッシュでタフな外国人達と接していたら、自分一人の存在が何だかとても小さく頼りなく思えてきた。自由なオランダ人に比べたら、今の自分の姿勢が窮屈に思えてきた。やりたいことを好きなだけやりぬきたい。さしあたっては、目先の仕事を全力で片付けよう。
[PR]
by PHASEGAWA | 2005-10-24 22:11 | diary

10/10-16

先週は休日があって平日が1日少なかった上に中間決算、役員会、人事異動、いくつかの面談、全体会議とあわただしい週だった。
決算では、勘定奉行上の数値と、ブレイクダウンしたプロジェクト別のEXCELの数値の合計が合わずに悩む。消えた20百万円の謎は未解決。
役員会の最近の話題はストラテジー。悲観するほど今までが戦略不在であったとは思わない。ただ、もともと小さい会社だからゲリラ戦がもっぱらだったのが、社員と売上が増えてきてそうも行かなくなった。自分達の図体に見合った計画的、組織的なオペレーションができているかというと覚束ない。むしろあちこちで人が足りない足りないと声が上がっているのは、手の出しすぎて多くのことが中途半端になってしまっているからではないか。会社の周りを取り囲む環境が楽観できない中、注意が散漫になって危機感まで散漫にならぬよう、シンプルに会社内外の現状を把握できるようにしたい。
人事では、今の仕事に全力投球中の社員に別部署へ異動してもらった。本人や周囲の否定的な反応を聞くほどに、漠然としていた自分の意思がより固まる。天邪鬼と言われる。そうかも知れない。非情という自覚もある。大きな混乱を収める策はこれからだ。それでも、新天地での活躍を何よりも願う。
全体会議の発表者は28人。皆パワーポイントが上手い。最早社会人の当たり前のリテラシーになっている。ついこの間の会議までは開始直前まで会社のコピー機をガチャンガチャンやってたものだったが。。自分がパワポを使えず、話も下手くそなのを棚に上げて言うと、ポイントを絞った短いコピー、テンプレートを使わないビジュアルそしてやはりスピーチが堂々として間合いのとり方が上手だといいプレゼンになる。
妻が一昨日から長女と渡米中、日曜は次女と二人で家で過ごし、走る時間を作れず。明日から私も渡欧。また1週間は更新できないか。Yさん、コメントありがとう。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-17 01:43 | diary

50'18"

午前9時~、気温17℃、小雨。往路26'16"、復路24'02"。全身ずぶ濡れになりながらも、6月以来14秒の新記録更新となる。シャツは重く肌にベットリ貼りつき、靴はチャポチャポするのが快適とは言い難かったが、体感温度は暑くも寒くもなかった。脚の筋肉を雨で冷やしながらであったのがよかったかも知れない。起床後すぐに走ったのだが、出がけにSAVASで摂ったグリコーゲンもパワー発揮に即効性があったか。
b0051385_12473493.jpg昨日は、ガキ達の保育園の親子うんどうかいだった。私に絶対参加を命じた妻は、二日酔いでグロッキー状態になる。やむなく私は親子玉入れ、遊園地へ行こうダンス、障害物競走に綱引きとフル回転。親子ダンスでは、周囲の親は全員お母さん達でオヤジの参加は私だけだった。玉入れでは、親はハンデとしてしゃがんで投げる。保母さん達は、競技の進行準備に模範演技におやつ配りに安全確認に盛り上げ役にとても急がしそうだった。子供好きといえども楽な仕事ではないと思う。民営化を進めるのとか、いいのかどうなのかは、よくわからない。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-09 12:41 | run

出社したくない朝

何度も言っている話だけれどしつこく言う。朝起きたら体調が悪い。で、休むべく会社に電話する。そこで電話に出た同僚に「今日具合悪いから、休むって言っておいて」と告げる。私はこの行為が嫌いだ。

電車の遅れであればまだともかく、急な発病の原因には本人の不注意もあったはずである。私用で事前に有休申請をするよりはるかに会社に迷惑を掛けているとも言える、ミスである。それを上司に直接にではなく、伝言で伝えようという神経ではその人の責任感が疑われる。どんなに気をつけていたって病気になったり怪我をしたりすることはあるのだし、救急車で運ばれている最中とか、家族が危篤で、といった事態もありうるのであり、あんまりやかましく注文したい訳ではない。ただ、仕事にミスはつきものであり、いざミスをした際のその人の顧客や周囲に対する姿勢全般につながってくるのではないかと心配になってしまうのだ。

自分が犯したミスを報告しないで済むならできればそうしたいのは自然なことと思う。それは、悪気があるというほどでもないのかも知れないが、内心どこかに自分のミスが周囲や上司に気付かれなかったらいいのに、叱言を言われたくないな、と願う気持があるからではないか。しかし、それは会社に対する背信であるだけでなく、自分自身に対するごまかしである。自分と正面から向き合わない人間は反省ができないので、成長がない。都合の悪い話を隠そうとする奴というレッテルを一度貼られてしまうと、信頼回復には時間がかかるだろう。結局困るのは自分なのだ。ミスをしたりうまくいかない時にこそ、その人の性格が表れる。バツの悪い話から逃げない強さを持って欲しい。

人生いろいろあるから、ある朝、会社を休みたくなることもあるだろう。だが、だからこそ、伝言やメールで済ませるべき話ではないのではないか。具合の悪そうな声を電話越しではなく人伝に聞いた上司は、それだけで休む理由をいぶかしむかも知れない。休む人間の良心を信じるのならば、伝言にしている時点で仮病ではないと言っているようなものなのかも知れないが、いずれにしろ自分の言動が受け手にとんでもない解釈を与えることがあるものだ。仮病を使うにしても直接に、肉声で、一番緊張する相手に嘘を伝えて乗り切って欲しい。嫌な相手に嫌な言いにくい話で対峙する経験は貴重であると思う。小心者の私もチョードキドキしながらくぐり抜けてきた。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-08 17:58 | business

いけんですか

この一週間で小泉さんの靖国参拝に関する高等裁判所の判断が3回あった。
9/29東京高裁、9/30大阪高裁、10/5高松高裁、いずれも原告敗訴なのだが、「私的行為で違憲の前提を欠く」、「職務行為で、憲法で禁止された宗教的活動にあたる」、「損害賠償請求に理由がない以上、憲法解釈をする必要はない」とマチマチだった。シロ、クロ、シロで、次は違憲の番ということかも知れない。

◆私的行為とする根拠
・参拝の3~4年後に首相が「個人として行った」と述べている
・献花代を私費で負担した
・二礼二拍手一礼はしてない 深々した一礼に過ぎない
・自己の信条に基づき行った宗教上の行為か個人の立場での儀礼行為である

◆職務行為とする根拠
・首相就任前の公約の実行
・公用車を使い、首相秘書官を伴っていた
・内閣総理大臣と記帳
・首相自身が私的と明言せず、公的立場を否定していなかった
・発言や談話に表れた動機は政治的

小泉さんとしては「なぜ違憲か分からない」、「理解に苦しむ」であり、年内の参拝時期を探っているらしい。最近は憲法を国民の生き方の規範としようなどといった動きもあるようだが、本来憲法の目的は権力者を縛ることではないか。その権力者が「なぜ違憲がわからない」と堂々とコメントするのは怖い気がする。高田さんが「『司法』はどこまで軽くなるか?」というエントリで書いている通り、本当に裁判所の判断に問題があるというなら、当の裁判官を弾劾したらいい。首相サイドが「(勝訴だから)上告できない、主文でないので残念ながら反論できない」と悔しがるのはなんだかなーという感じだ。

いやらしく思えるのは、いくら小泉さんが「職務でない」と繰り返したところで、説得力が欠けているところだ。中国・韓国への配慮はこの際どうでもいい。とりあえず本気で「私的」にしたいのならば、まぎらわしさを避けるために上記で職務の根拠にされていることくらい簡単に修正して実行できるではないか。カジュアルな格好で、SPだけ連れてタクシーに乗ってって、肩書は署名せず、本人が私的・私的・私的・私的と連呼したらいいのだ。行きたいんだったら、それくらい安いものではないか。それとも、今年行くかどうかという問題より、任期中に改憲に向けて道筋をつける方が優先順位が高いだろうか。民主党の前原さんは、「首相に公的も私的もない。参拝すれば公的だ」と言ったらしいが、それはいくらなんでも言い過ぎにも思える。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-06 02:39 | issue

ユニクロ作り直し

キオスクで柳井正氏の大きな顔を発見し、『日経ビジネス』を買う。2002年11月に社長の椅子を、小学校から慶応→旭硝子→MBA→IBMというスーパーエリートの玉塚氏に譲ったものの、3年経たずして自らの復帰、何があったんだろうと思っていた。

「ダメな組織になっているな、と思った。機能別組織では、それぞれ相談する必要があるので、プロジェクトのような形にしても、結局、誰が責任を取るか、全く見えないし、1人も取ろうとしない。だから、もっと組織自体を細分化し、個人で責任を取れるようにする。トップ以下そうしないと。(機能別の役割分担により)全体を強くしようと思うと、1つずつは弱くなるんですよね。全体最適ばかり考えて。いや本当にそうならいいが、自分の機能最適を考えるから結局、誰も全体のことに関して責任を取らなくなる。」

売上が落ちたとか、赤字転落したという訳ではまったくない。直近期でも、3600億円売って、15%の経常利益を稼ぎ出しているのである。しかしながら、この数字は2010年1兆円を目指すための計画を下回るものであり、柳井氏が満足できる結果ではなかった。

先月5日、帝国ホテルでの事業戦略会での資料。新社長の事業構造改革は、再ベンチャー化、グローバル化、グループ化がポイントになっている。より具体的には、大企業体質化した現状の全面否定、世界一へのこだわり、M&A戦略が柱である。大企業体質について更に触れると、店長よりも店舗をサポートする本部のスーパーバイザー希望者が増えるなど、挑戦と失敗を恐れる保守化の傾向、中途採用者が即座に力を発揮できない、社歴による序列意識の蔓延の風潮などである。

前社長玉塚氏の処遇について、当初柳井氏は、自分が国内事業の先頭に立つ代わりに玉塚氏には欧州市場を見てもらいたかったらしい。玉塚氏が家庭の事情から欧州転勤を断ると、今度はM&A担当を依頼したそうだが、同氏は「自分の力を試したい」と固辞した。そして、前社長はブロードバンドタワーという会社に再就職した。

安定的成長を求めた玉塚氏に対し、「成長なくば死も同然」と貪欲に成長スピードにこだわる柳井氏。幹部も社員も出入りが激しく、昇格、降格が日常茶飯事、毎年260人前後雇って200人が去っていく。平均年齢は未だ20台。働きたくない、キツイ会社の典型ではないかとも思うのだが、私は『一勝九敗』とか『プロフェッショナルマネージャー』とか、柳井氏関連の著作はかなり好きなのだった。身の程知らずに何度か本人宛にラブレターも書いたことがあるのだが、未だ直接会う機会にはめぐまれていなかった。

前述の事業計画においては、今期の売上はユニクロ海外で50億円、新規事業で500億円、FRグループ計で4900億円とある。これが、2010年においては、ユニクロ海外で1000億円、新規事業で3000億円で、グループ売上1兆円の4割近くをこれからの新事業で売上を作ろうというのである。増加分の年商と同額程度の買収資金を用意するにしても並大抵に実行できることではないだろうが、さしあたり新社長のこのプランを受けて株価は大きく上昇している。

「高いハードルを設けて、そこに到達する方法を考え抜くこと。これが会社や個人の成長につながる。目標を作ってそこを目指さない限り、到達できないし、目標がない限り衰退すると思いますね。単一事業からグループ化するというのは、ユニクロ自体小さく分けていき、より大きなものを展開できる体制にすること。どうすれば1兆円になるのか。自分ならどうするのか。社員と経営者への問いかけです。」

切込隊長は著書のなかで、ユニクロのことを「真面目に受験して田舎から出てきた学生が、都会の洗練された勘違い女に騙される的な」と皮肉っていた。現実にカッコ悪い失敗事例には事欠かない。ファミクロ、スポクロ、ニューヨークデザイン子会社、英国出店、野菜販売、等々。今秋出す、銀座の450坪ユニクロと19坪下着専門店、東武池袋内300坪ユニクロ、UNIQLO KIDSだってどうなのか。上海やロンドンの目抜き通りで見たユニクロはやはり日本の店構えにそっくりで、嬉しくて恥ずかしい気分にさせられた。
強烈な経営者による壮大な挑戦。どうにも気になって仕方がない。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-04 05:35 | business

53'12"

b0051385_132757.jpg16時頃~、気温26℃。往路26'42"、復路26'30"。あちこちに警官の姿が見られた。2度、信号で立ち止まらなければ、往路であと20秒位は早かった。気温が低くなったのは結構なのだが、昼に親子丼&かけそばセットを食べて満腹になったせいか前半、体が重かった。あれ、なんだったっけと半日必死で思い出そうとして遂に思い出せなかったものを走っている途中で突然思い出す。走る行為と脳の記憶には関連性があるのか。
ザイーガで知ったゲーム、バウンスボールにハマる。全20ステージ、コンプリーテッド。
[PR]
by phasegawa | 2005-10-02 01:06 | run