長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー

<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

勉強する人・働く人

もう先月の話になるのだが、梅田氏の「『勉強』特権階級の没落」というエントリが話題になっていた。広く見るにはこちらの方がわかりやすいか。これまでは、若い頃に一生懸命勉強していい大学入って一流企業に入ってしまえば、それまでの努力のストックを活かすことで、その後の人生がある程度保証されていたが、これからは変化のスピードが早くなってそうもいかないだろうという話。勉強ができて一流企業に入れた人は、大きな枠組みの中で何らかの「知の創出」に専念していれば、カネが絡むような「泥仕事」は誰か別の人にやってもらえたのだが、今日ではいくら勉強ができた人でも地位は安泰でない。生き残るために必要なのは、組織の外に対する開かれた「対人能力」であるという。

およそインテリとはかけ離れた私であるが、それでもちょっとは解る気がする。組織の外に対する「対人能力」とは、言い換えれば自分が属するムラの看板や身内意識に依存しない営業力のことではないか。よく私はサッカーやラグビーに例えて、組織の戦術とは別に個々が「玉際に強くなろう」、「接点で当たり負けしないように」などと言っているのだが、ごく一部にしろ通じるところがあるかも知れない。

勉強好き少年と自認する梅田氏にすれば、大企業に勤めるテクノクラートの同窓生らに危機感を感じるであろうことは想像に難くない。読者の中にも、自分の代あたりまではギリギリで会社が守ってくれそうだが、後輩達は辛いだろうなあとなどと思う人が多いのではないだろうか。しかし、見方を変えれば、「対人能力」がありさえすれば、旧来特権階級が得てきた利益に他者がアクセスできうる環境になったとも言える。楠氏は、「それは一部の特権階級にとっては悪夢だけれども、才能ある疎外された人々と多くの消費者にとっては朗報のはずである」と語っている。あくまで可能性であって、土台人並み外れた能力が前提となるのではあろうが、どんな市場にもそうした隙はあるはずで、先行者の既得権益が大きいほど参入し甲斐があるというものだ。

では、個人が会社に頼れない時代になったとして、その代わりに自由な競争社会の風通しがよくなっているのかというと、そうとも言えない。消費におけるマーケティング重視の風潮は明らかになっていると思うが、働く人の就労・所得状況については、格差の拡大や階級の固定化が指摘されている。結果の不平等は避けられないにしても、機会の平等が失われるのは肯けない。永守氏に「やる気で100倍違う」と言われると励まされる。「偉くなるためには勉強しろ」と押し付けられるのは苦痛だが、「どうせ偉くなれないから勉強しても無駄だよ」と言われるよりははるかにましである。

今日で創業6周年。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-13 07:13 | issue
頭文字Dが中国で大ヒット中とのニュースを知る。香港映画であるが、実写版ということで、ロケ地は日本、舞台は群馬、主人公はとうふ屋の藤原拓海、だが、その役を演じるのは台湾人で、しゃべる言語は広東語、ヒロインなつきだけが日本人の俳優で鈴木杏。この映画が今、興行収入でスターウォーズを大きく上回っているという。日本では9月公開らしいが、果たして逆輸入されて売れるのかどうか興味深い。
この左端は恐らくイツキ、その隣は藤原文太役であろう。顔も、醸し出す雰囲気も、どうも不思議な感覚だ。イツキの表情なんかいかにも憎めない香港映画キャラである。高橋涼介みたいに滑稽なほどクールな役柄はどうするのか。おそらくは日本人に馴染みのある世界観よりもずっとストレートに熱い感情表現がなされるのではないか。「アジア最高スタッフ」による華流な映像に私達はどう反応するのだろう。
頭文字Dに由来する自社製品をひたすら営業していたのは、丁度5年前の今頃だった。8月は1日も休まず店頭デモに走り回った。バグが取れずに何度もGMを焼き直したり、ユーザの自宅まで出張サポートに出向いたり、自社サイトのBBSで釈明を試みたものの荒れまくるので閉鎖したり、とトラブルだらけだったが、ソフトの企画としては抜群に優れていたと思う。今もってオススメの一品。未だ触っていない人には是非試してもらいたい。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-12 22:42 | issue

52'05"

気温24℃、往路26'32"、復路25'33"。今年はほぼ週一のペースで佃島まで12km弱のコースを走ってきていたが、先週はその機会が無かった。2週間の間隔が空くと、体調が良くなるのか悪くなるのかに興味があったのだが、まあまあのタイムということで、結局よくわからない。朝起きてすぐで、それほど気温が高くないのが楽であったのだが、後半に力を出し切れなかった気がするのは空腹のせいだったかも知れない。
今日見かけたのは、河端の遊歩道に蠢くミミズと蟹であった。昨夜の雨で勘違いして這い出てきてしまったのか、本当に小さな蟹達が横歩きしているのである。気をつけていないとつい踏みつけてしまいそうになるので、自然と注意深く路面に目を遣りながらの走りとなる。
もう一つの発見。浅草橋駅前の「人形の秀月」ビルの1Fが不動産屋になっていた。昨年に民事再生法を申請した同社だったが、人形の久月と並んでショールームは続けていたものの、遂にビルの構えが一新となった。母親が生きていた頃、壊れた古い雛壇を買い換えるためだけにわざわざこの店まで上京して来たこともあったものだが、、それにしても負債335億円ってことは随分昔から不動産屋だったのね。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-10 14:12 | run

ナマ永守に会う

毎日起業家クラブ総会という場にて日本電産の永守社長が講演するというので1時間、話を聞きに行く。大方の内容は過去に何かで読んでいたではあった。以下、要旨。

第一に、会社の基礎においては、安易な道を選ばずに敢えて困難にぶつかり、下積みの過程も厭うべきでないこと。基礎がしっかりしていないと、会社の雪だるま理論は成り立たない。京都の一流料亭で修行するには、どんな一流の料理人も最初は下足番から始まる。靴を預かる際に番号札は使わない。客は帰り際に料理の感想をこぼすもの。客の顔を覚えられない者、客の感想を聞きだせない者はクビになる。1年以上は下足番を勤め上げた上で漸く次に皿洗いになれる。二流を選ぶならば、こんな苦労はない。

第二に、経営者が率先しないでどうすんだということ。100人いる人間をマッチにたとえると、3本程度は常に燃え続けている、80本は火をつければ燃える、残りの17本は湿気っているのでどうやっても燃えない。世の中に平均3%程度しかいない人間を採用するのは無理。自分が燃えて周りに火をつけるしかない。社長が自社の社員の質について愚痴を言う会社はつぶれる。

第三に、人の能力は学歴や学校の成績とは無関係であること。やる気があるかないかで人の力は100倍の差がつく。頭のいい奴ほど、すぐに先を読んで、「できません」、「無理です」と言う。頭がいいので、できないことを上手に証明してみせる。が、そういう存在が会社の成長を阻害する。日本電産では、「できない」と言う奴に、「できる」「できる」「できる」「できる」・・・とヘトヘトになるまで何百回も言わせ、「どうだ、少しはできそうな気がしてきたか?」と畳み掛けた。一見無謀なことでもあきらめずに挑み続けてきた人間が、優れた研究成果を出したり、今日幹部として会社を牽引している。

60歳を超えていても、想像通りのエネルギッシュな人。変わらぬ信念を聞かされ、元気を分けてもらう。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-07 06:50 | diary

Mさん慰労会

経理と申告業務について、当社設立以来の顧問として大変にお世話になってきた、会計事務所の女性、Mさんが交代となり、Sさん幹事の伊料理店でささやかな慰労会をさせてもらう。今まであまり話をさせていただく機会はなかったのだが、率直なところ、長く一緒に机を並べてきた方がこれほど濃い人生を送ってこられたという事実に最後に唖然とさせられた。だって、経理職人の人といったら、普通、両親やご主人も経理屋だったりとか、学生時代はダブルスクールだったりとか、そういう堅い人をイメージするではないか。Mさんの口から語られた回顧談に登場したワードを拾ってみると、「ヒッピー、コミューン、運転手、峠の茶屋、お見合い会、COBOL言語、中国人。。」これだけでは何のことやらわからないかも知れないが、なにしろ仕事の話、男女の話、家庭の話が、とてもここには書けるものではないほどにスケールが大きく自由奔放なのである。つくづく人はわからないものだと思い知らされる。「奔放」と言っても、渡辺淳一の愛ルケには首を傾げるらしい。これは私とおんなじ。「自由」と言っても、6月はほぼ休日なし、睡眠は5時間弱、毎朝5時に起きて犬の散歩をさせてから7時に出社し、仕事の前に税理士の勉強を続けているという。こんな真似は私には絶対にできない。ただ脱帽。趣味の映画について、自分より詳しい人に出会ったのは当社のNさんだけ、とのこと。Mさんの一押しは「ブルースブラザーズ」だそうで、私は観てないのでそのうち観よう。私も聞かれて「我が道を往く」と答える。歌の多い陽気な米映画ということなら共通か。会計の仕事とは、所詮ひたすら計算を重ねて数字を出すこととも言えるのだろうけれど、その数字は生々しい人の営みの結果でもある。だが、その原因と結果は別物のように扱われることも多い。数字の操作だけで見栄えをよくするトリックも最近の流行だし。が、Mさんは両方の世界を深く経験している。難解な数字を操るプロフェッショナルでありながら、一方で、映画や音楽や美術をこよなく愛し、波乱万丈な人生をマイペースに歩む生き方というのはなんだかとてもカッコいいなあと思ってしまった。そんなMさんに、当社の事業内容を魅力的と言ってもらえたのはお世辞でも嬉しかった。文句なしに美しい決算書を仕上げることで恩返しをしなくては。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-05 23:24 | diary

社員研修旅行

観光バスで4台、総勢170名あまりで水上温泉へ。予算300万円のイベント。いきなりその場で聞かされた研修テーマだったが、わずか5年後にグループ社員があと3,000人以上増えるという相当強引な仮定にも関わらず、13チームそれぞれに真剣に夢のあるプレゼンテーションを行っていた。ファッションの話題をメインに歌にダンスにコントに寸劇に、各人の特技を活かしつつ工夫を凝らした発表は感動モノですらあった。私はと言えば、言われた通りに集合場所に赴いただけで、研修地の選定にもテーマの考案にも場の盛り上げにもまったく貢献していない。エラそうに採点する審査員役をやるだけであり、何日も前からあれやこれやと下準備に関わった人達にはまったく頭が下がる思いがしたものである。

と思いきや、やはり世の中甘くはなかった。大広間で始まった宴会、山里の温泉宿をのんびり満喫しようとしていた私の思惑は、前菜に箸をつけたあたりであえなく強制終了させられる。悪夢のようなビール三昧の狂宴となり、あっけなく、あられもなく酔いつぶれた。誰かが宴会後に部屋に戻って1万円分ビールを飲んだと豪語していたが、私は部屋の冷蔵庫には手を触れる暇もなく記憶を飛ばして、早々に(9時頃?)ぶっ倒れていた。飲み放題コースを有効利用したとも言えるかも。1年に何度もないのだが、酒で挑発されて自制心をなくしてしまうのは我が欠点である。今回の被害はメガネの破損だけで済んだが、たかだか酒のせいで、いつか取り返しのつかないことをしてしまう気もしている。好きで酔っ払っているのだから、はずみで自分が死んじゃうのは自業自得と思うのだけれど、迷惑行為だけはいい加減慎みたいものだ。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-03 22:24 | business

小倉昌男氏死去

昨日のこと。3ケ月前に著書に感銘を受けたばかりだったのに。以下、今朝の日経の評伝のコピー。
「小倉昌男氏は純粋さと高い志を持ち、前人未到の領域を切り開き続けた。生涯で二つ、国民生活にかかわりの深い”常識”を打ち破っている。赤字必至といわれた『宅急便』事業と、障害者に月給10万円以上を払う福祉経営だ。
宅急便事業を始めたのは1967年1月。長距離・大量輸送が主流の陸運業界で、家庭の荷物を扱うこと自体が非常識だった。初日の取り扱いはわずかに11個。だが小倉氏は『家庭の主婦が必ず支持してくれる』との信念を崩さなかった。
顧客の視点に徹して『クール宅急便』などのサービスを次々に編み出した。同業他社も追随し、宅配便は国民のインフラに育っていく。
官僚と真っ向から対決したことでも知られる。1986年には、路線免許申請を5年も放置した運輸省(現国土交通省)に業を煮やし、当時の橋本龍太郎運輸相を提訴、免許を勝ち取った。権力をかさに着る官僚を侍に見立て『二本差し(侍)が怖くて、おでんが食えるか』と江戸の町人気質を発揮した。
第二の人生では、時価で約46億円のヤマト運輸株を寄付してヤマト福祉財団を設立。障害者が働く共同作業所を視察し、月給が平均1万円の現実を知る。『この豊かな日本で絶対に許せない』と憤り、福祉施設の経営改革に乗り出した。
その一つとして、焼きたてパンのチェーン店を展開し、障害者に健常者と一緒に働ける場を提供した。福祉関係者に『夢のような話』と言われた月給10万円も実現させた。『保護ではなく、自立を支援するのがノーマライゼーション(等しく生きる社会の実現)』という哲学を貫き通した。私生活では『真心と思いやり』を大切にする紳士だった。入社直後、結核で闘病生活を余儀なくされ、駆け落ちを誓った恋人も去った。絶望のふちで信仰に目覚め、クリスチャンとなる。神に生かされている恵みをかみしめながら、人のためにと高い目標に挑み続けるロマンチストだった。(塩田宏之編集委員)」
同氏の遺志を継いだという人のをR30さんが書いてた。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-01 19:34 | diary