長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

戸田幸四郎ワールド

b0051385_048899.jpg
元旦の朝10時前、娘を連れて絵本美術館に行く。ガキ達は絵にはあまり反応を示しはしなかったが、蛙の噴水や虫のオブジェが和む、庭の敷地では激しく活動していた。絵本作家は好きな本を道楽として細々と作ってきたのだろうかと思って調べてみたら、とんでもない。売ってる、売ってる、『にっぽん地図絵本』、『国旗のえほん』はミリオンかも知れない。ウチの会社より年商が多い位かも。売れる絵本に共通するのは絵のシンプルさのようだ。素朴な線とくっきりした色使いは強い印象を残す。キャラクター達は表情豊かとは言い難いが、どこか愛嬌があって飽きさせない。まるでアイコンかデザインの見本集のよう。絵本の発行元は、まさに戸田デザイン研究室とある。本を手に取ると反射的に奥付で何回重版しているか見てしてしまうのは職業病である。
b0051385_0405991.jpg

[PR]
by phasegawa | 2005-01-05 00:19 | diary

年末年始

31日から2日にかけては、妻の実家の熱海宅で過ごした。正月を自分の実家で迎えなかったのは初めてだったろうか。箱根や伊豆は年末年始が1年で一番賑わう季節かと思える。大晦日の熱海の街も活気に満ち満ちていた。借り物の車で移動したのだが、渋滞がひどいのに弱った。往路で小田原厚木道路が全く動かなくなり、小田原駅前の駐車場に車を預け、熱海までJRで移動した。新幹線でわずか9分間だったが、車だったら何時間かかったかわからない。結局、行きは6時間半、2日夜の帰りは3時間半を要した。車中で思ったのは、周りの大勢の人達が楽しんでいる一方で、私には縁が薄いものが結構あるということ。代表的なのは、マイカー、ゴルフ、スキー、麻雀あたり。この辺は人付き合いのための基本のたしなみなのかも知れないが、私はほぼ素通りしてきた。半分意固地になっているところもあるだろうが、何をいまさらなのである。今年で3回目の年男という中年に差し掛かった身としては、新しい話はとりあえず商売だけで十分、人気の高い趣味に中途半端に首を突っ込むのは気が進まないのである。
[PR]
by phasegawa | 2005-01-03 23:00 | diary