長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー

<   2004年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

反対意見

ガヤガヤやっている当事者グループの外側に自分がいると自覚した時、自分が蚊帳の外に置かれたようでなんとなく不安な気分になる。
だから、自己主張として、当事者達が決めたり進めたりしていることに対して反対したくなる。

しかし、反対意見といっても、所詮議論の中身をよく理解しないままでの言葉尻を捉えた浅薄な指摘に過ぎなかったりするので、的を得た発言はなかなかできるものではない。

議論をオープンにして当事者と非当事者との境界を無くそうとする目的は、多くの意見を集めるためばかりではなく、後になって反対を言い出すのはなしね、と念を押す意味もある。

反対したいと思ったときでも、軽率にならないようにした方がいい。
自分が知り得たことは氷山の一角に過ぎず、実はまだ知らない背景や真相があるかも知れないとまず想像を働かせた方がよい。
事実をよく知った上で、或いは知ろうと努力した上で意見している、という姿勢を見せることがその人の信頼につながる。
威勢のいい攻撃的な反論よりも素朴な質問の方に発言者の事実に対する謙虚さと考える力を感じるものだ。
[PR]
by phasegawa | 2004-12-08 07:14 | business

『市場の中の女の子』

14世紀のベネチアやアラビアを舞台にし、主人公である15歳の少女が市場を見つめ、体験することで経済学のエッセンスに触れてゆく。ファンタジー仕立ての展開で、布団の中で熱にうなされ夢うつつ状態で読むのに丁度よかった。
主流派の新古典派経済学の意義を説きつつも、新しい経済学として文化の経済学を紹介している。
たとえるなら、一つの大きな川の流れの中をいろいろな段階の経済として複数のボートが流れてゆくのを観察するのが従来の経済学、文化の経済学とは、川の流れ自体が幾筋もあることを前提にそれぞれのボートの流れ方を別個に捉えるアプローチとする。
川の流れが幾筋もあるというのは、その国特有の歴史や言語が人の経済活動に与える影響が思いのほか大きかろうという発想によるもの。
人は合理的に行動する、という命題に意味があるとしても、文化が違えば異なる行動を取りうる。当たり前のような話だが、そういう行動を理論化することに熱心な学者達がいる。時間があれば、自分も新しい経済学に接してみたいとは思う。
この本は、ほとんど絵本と言ってよいほど伸びやかな挿絵がふんだんにちりばめられ、文章もとてもやさしく書かれている。誰でもわかる経済学の類の本はたくさん出されてきたが、ついにここまできたかという感じ。
[PR]
by phasegawa | 2004-12-07 11:47 | review

39.0℃

なぜか発熱してしまう。参った。
普段のオフィス、または家で寝ている部屋があまりに乾燥していて喉をやられたか。
土曜の朝、ガキがぎっこんばったんしたい、と要求するので連れて行った日本橋浜町公園と中央区スポーツセンターにて汗をかきかき遊びすぎたか。
夕食後の熱が38℃超、アスピリンを飲んで19時でさっさと就寝、睡眠12時間。
そして今朝は一歩も家を出ずにバファリンや再度アスピリンを飲んで静養していたのだが、現在の体温は39℃で全然下がってくれない。咳などは全くないが、どうにも身体がだるい。
来週末だと妻が旅行に出掛けるので、私が留守番で子守当番になる。今のうちに病気して身体に抗体を作れてよかったではないか、と自分に言い聞かせる。
[PR]
by phasegawa | 2004-12-05 21:12 | diary

会議

月に1度の会議。休憩なしに3時間近く続ける。時間対効果のような尺度があるとすれば、話を聞くだけなら30分程度が限度で、発言が自由としても2時間位でその場の結論を出すことがもっとも後味がすっきりできて有効なのではないか。

オフィスを引っ越して折角広い部屋が使えるようになったので会議の時間を増やすようにしているが、会議の運営状況にはまだまだ課題が残る。議論が盛り上がっていると言えるのか。時間をかけたなりに全員の意見を集約しきれているのか。経営者の考えが伝わり、会社の方向性について共通認識を持てているのか。

会議の場で自分の主張をもって参加者を納得させられるかという問題は、つまるところ事前にどれだけ情報を集めて自分の考えを整理できるかという点にかかっていたりする。方針に迷いがあったり、ノーアイディアで保留している部分が多いと、議論してもいたずらに時間を消費するばかりで出口が見えなくなりがちだ。

良い会社の条件とは良い会議が実現できているかということでもあろう。参加者による会議前の周到な準備と、プレゼン・発言の技術を研鑽する努力がなされていること、進んで議論に挑む気概が個々にあること、そもそも高いモチベーションを引き出す空気が存在しているかどうか。リーダーの責任が重いのは言わずもがな、試される点は多い。
[PR]
by phasegawa | 2004-12-02 09:39 | business