長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:run( 47 )

52'05"

気温24℃、往路26'32"、復路25'33"。今年はほぼ週一のペースで佃島まで12km弱のコースを走ってきていたが、先週はその機会が無かった。2週間の間隔が空くと、体調が良くなるのか悪くなるのかに興味があったのだが、まあまあのタイムということで、結局よくわからない。朝起きてすぐで、それほど気温が高くないのが楽であったのだが、後半に力を出し切れなかった気がするのは空腹のせいだったかも知れない。
今日見かけたのは、河端の遊歩道に蠢くミミズと蟹であった。昨夜の雨で勘違いして這い出てきてしまったのか、本当に小さな蟹達が横歩きしているのである。気をつけていないとつい踏みつけてしまいそうになるので、自然と注意深く路面に目を遣りながらの走りとなる。
もう一つの発見。浅草橋駅前の「人形の秀月」ビルの1Fが不動産屋になっていた。昨年に民事再生法を申請した同社だったが、人形の久月と並んでショールームは続けていたものの、遂にビルの構えが一新となった。母親が生きていた頃、壊れた古い雛壇を買い換えるためだけにわざわざこの店まで上京して来たこともあったものだが、、それにしても負債335億円ってことは随分昔から不動産屋だったのね。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-10 14:12 | run

57'13"

往路29'10"、復路28'03"。気温30-31℃。雨も風も暑気も好きな私としては、朝からの日差しの強さと気温上昇に気をよくしつつ張り切って家から飛び出したが、案の定暑いものは暑く、汗が噴き出し、意識が朦朧となる。隅田川は、先週とはうって変わって水かさが低い。先週あれほどウヨウヨいたクラゲ達も今日は影を潜めていた。帰宅後、冷たいお茶を一気に1リットル飲んで生きかえる。

ほぼ同時刻、走り慣れたコースで死者が出ていた。熱中症や心臓ではなく、水死とは。。
[PR]
by phasegawa | 2005-06-25 17:10 | run

57'08"

往路29'17"、復路27'51"、気温推定27℃(いつもの両国橋近くのNTTの寒暖計が故障していた)。先週の50分代が嘘のよう。今日はTシャツのセレクトも悪かった。厚手の綿生地で、汗をたっぷり吸い、身体がムワッとして呼吸にかなりの息苦しさを感じた。

大雨が降った訳でもないのに隅田川はタプタプ。満潮か。そして、いたるところに無数見かけた浮遊する物体は、丸々太ったミズクラゲの群れであった。ガキの頃から海遊びは熱中してきたものだが、昔から聞かされてきたのは、クラゲの発生はお盆過ぎである。6月にしてこれだけの大量発生に遭遇したのは初めてかも知れない。やはり温暖化か。

ところどころ遊歩道まで浸水しており、水たまりを踏みしめ、水しぶきをあげながら走る。それなりに気持よい爽快感もある。さて、水しぶきの快感といえば、映画「雨に唄えば」を挙げない訳にはいかない。フォルクスワーゲン・プレゼンツによる、そのリメイクCM(5.6MB)を猪蔵さんに教えてもらう。秀逸。
[PR]
by phasegawa | 2005-06-19 16:04 | run

50'32"

気温が26-27℃と先週より更に暑くなったが、往路25'33"、復路24'59"で2月以来29秒の新記録更新となった。信号運が良かったこともあるが、一番の理由はたぶん前日にある。

初めて指圧マッサージに行ったのである。というのも、この4、5日どうにも腰痛に悩まされていたからだ。最初は気が進まなかったのだが、妻の強い勧めに渋々従い、妻が産前通っていた、おばちゃんが一軒家で営んでいる治療院に行き、60分4,500円の施術を腰に限らず全身に受けてきた。

腰痛が消えた訳ではなく、身体に特別の変調があったとかリフレッシュされたような自覚はあまりなかったのだが、おそらく下半身の血のめぐりがよくなって、走る際の筋肉にプラスの作用があったのだろう。
ところで、マッサージそのものよりも、おばちゃんのコメントになるほどと思った。

「お客さん、肩はこってないけど腰から下がカチカチだねー。だから腰にくるんだよ。」
「カチカチ」というのは痩せているとか筋肉質であるというのとは違って、よくわからないが、とにかくあまり好ましくはないらしい。
「これでも1週間走ってないんですけど。で、どうすればいいんですかね?」と私。
「お客さん、身体を冷やしすぎなんじゃないの?」
「いやー、家では私が一番厚い布団被って寝ているし、妻からもあんたは寒がりねと言われているくらいなんですけど・・・・。あー、そういえば、シャワーばかりで風呂にはほとんど入ってませんね。」
「それだわ。最近そういう人多いんだよね。子供の頃から風呂に入ってなかった訳ではないんでしょ。」

確かに、実家にシャワーはあったが冷たい水しか出なかったので、基本的に毎日風呂には浸かっていた。それが大学入学で風呂無しの下宿に住むようになり、風呂屋代は相当ケチっていたし、社会人以降は温泉にでも行かない限り入浴する習慣がない。そういうツケがこうして回ってくるのか。

実は、マッサージの類を躊躇していたのは、その癒し効果によって天にも昇る恍惚の心地を知ってしまったりとか、あまりに気持ち良過ぎてハマッてしまったらどうしよう、などと妄想が働いていたからだった。だが、グリグリとねじりこんでくるおばちゃんの執拗な指の動きは、こちらが「あうっ」「ひいっ」とうなるほどのそれなりの痛みをともなう刺激があるのは確かであっても、陶酔するほどのものではなかった。それよりも、ランニングの記録更新を実現させる効能と、自分の身体の意外な一面を知り得た点で収穫であった。
[PR]
by phasegawa | 2005-06-12 14:20 | run

52'18"

熱海の2日目、ゴルフしない組の私は朝8時前の新幹線で帰京。帰宅後、アルコールでダブつく身体が欲するままに佃島に向け駆け出す。今週末は蔵前一丁目の第六天榊神社の例祭。先々週より人手は少ないものの、またも神輿があちこちで躍動していた。気温25-26℃。往路26'55"、復路25'23"。滝のように汗をかく。清洲橋たもとの花壇近くにダンボールや電気製品が大量に投棄されており閉口する。先日アナウンサーの義兄が煙草をポイ捨てしたオッサンに吸殻を拾って手渡したところ、口論になったという話を思い出した。オッサンは、区の防災課だかの結構エライ人だったらしいのだが、逆ギレして凄んでいたものの義兄がマスコミ人と解るやいなや態度が豹変して謝ったというのである。そんなゴミ役人がいる地域では民度が低くなってしまうのか。激昂のあまりスピードアップ!気温が高くなってきたせいか新大橋近くのビニールシート住居群のあたりでは汗と尿が混じって発酵したような鼻をつく臭気に参った。たまらず息を止めてスピードアップ!!先週よりも暑く感じたもののタイムは約5分早くなった。
[PR]
by phasegawa | 2005-06-05 17:43 | run

57'09"

往路28'29"、復路28'40"。2週間ぶりに走る。間隔があくと、体が軽く感じる場合もあるが、今日は逆。おそらく24-25℃という気温のせい。これだけ暑いとだるくなる。もはや秋になるまで好タイムは期待できないかもしれない。せめて腹のあたりにまとわりついてきた、もっちりした脂肪の塊をできるだけムダなく燃焼させて体をスッキリ軽くさせたいところ。
[PR]
by phasegawa | 2005-05-28 18:45 | run

51'21"

今日は、快晴だった札幌とは正反対に、スコールのような雨が降ってきたので思いっきり濡れながら走ってみたかったのだが、モタモタしているうちに晴れ上がってしまい、道路もすぐに乾いていた。先週20km走った身体には半分の距離など軽いもの。気温18℃、往路26'43"、復路24'38"。記録更新に20秒足らず。信号運が良ければわからなかった。
[PR]
by phasegawa | 2005-05-15 22:35 | run

1:57'39"

つまらない人間かもしれないと我ながら思う。GWという機会を活かすイベントは特になかった。

表参道までショッピングに出掛けても、品定めに時間をかける店はユニクロ。
家族揃って外食でも、という際に提案するはサイゼリヤ。
近所にできたTSUTAYAに待望の入会を果たしたのだが、あれこれ目移りした挙句決断できず仕舞、家に帰って娘と並んで見るビデオは、とっとこハム太郎。

10連休の終盤、なにかスケールの大きなことをしよう!と思い立って実行したのは、結局、普段走っているジョギングコースを2往復する、というまったく意外性のない企画であった。気温21℃。往28'55"、復30'39"、往29'31"、復28'08"。後半は膝が相当にガクガク。今の自分のカラダは、のんびりペースでも2時間がほぼ限界であることは間違いなさそう。
[PR]
by phasegawa | 2005-05-08 18:53 | run

56'31"

気温16℃。往路29'09"、復路27'22"。日曜の夕方、身体が重く感じたのは、この土日での育児疲れのせいだ。妻が、「みんなー、パパのお仕事の邪魔しちゃだめよー、一緒にお昼寝しましょー。」と言ってくれたのはありがたいのだが、自分一人だけ早々に眠りこけてしまい、結局私が寝つかないガキ共の相手をしていたりする。長女は自分からトイレに駆け込めるようになったが、便器でなく床に放尿している。なぜだ?!
おそらく私ほどアンパンマンに精通した30男もそうそういるまい。長女のお気に入りはロールパンナである。ジャムおじさんが真心草のエキスと共にパン生地をこねている隙にバイキンマンがばい菌草のエキスを混入させたことが原因で良い心と悪い心を持ち合わせてしまった二重人格者、また妹のメロンパンナの無垢で献身的な愛情に対しても素直に心を開こうとはしないヒッキーなキャラクターはいかにも現代的だ。こういう設定を考えつく、やなせたかしは大したものと思う。太陽のビジュアルを白と黄色と緑で描いているのもユニークだ。彼の故郷の高知で見る太陽はこうなのか。私が四国の中では高知へ行ってみたい理由の一つは人口5,600人の香北町にあるアンパンマンミュージアムの存在である。
[PR]
by phasegawa | 2005-04-24 18:00 | run

51'07"

気温18-19℃。往路26'45"、復路24'22"。ベストタイムまであと6秒、復路に限れば記録更新となった。フルマラソンから4週間経ち、膝や脛の痛みは完全に消え、信号運にも恵まれた。その荒川マラソンの記録証が届く。完走者は13,889人。完走率96.4%。私は、一般男子30歳台の部において2847人中2152位。下位1/4に属していることになる。当日やはり出走はしたものの行きも帰りも現地でも全くの別行動を取った妻が5km一般女子の部において32'29"で528人中396位。「あんたワタシより全然ダメじゃない」とけなされて立つ瀬がない。
[PR]
by phasegawa | 2005-04-17 13:56 | run