長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

2005年 11月 13日 ( 1 )

48'34"

8:30~9:30、気温14℃。往路24'37"、復路23'56"。先週の予感的中で、信号待ちを2回経たにも関わらず、1分40秒以上もの大幅な新記録更新となる。整体マッサージは受けていない。あれをやると自転車に油を差すみたいに身体の関節が軽くなってつい前のめりになるのだが、今日は楽しむというよりも最初からタイム狙いで追い込むようにキツめに飛ばしてみた。秋になって気温が下がったことが何しろ好条件である。半袖短パンでは最初はかなり寒いのだが、いきなり飛ばすことで身体が温まり、折り返す頃には汗ばむくらいになる。特に朝だと人も車も少なく、空気がしんとひんやりしているので身が引き締まって気合も入る。太陽を、早く体を温めたい往路で正面に、暑くなってくる復路で背に受けるのも好都合であった。

これだけいいタイムが出せるようになると、10kmやそこらでは物足りなく感じてくる。来年2月の第40回青梅マラソン(30km)を思い出して調べてみたら、最早エントリーは締め切られていた。残念。その青梅市が何やら東京都にクレームしている。東京五輪を目論む石原慎太郎が同じ日に東京マラソンを開催をしようとするかららしい。なんと河野洋平と握手してる。名前も急遽大仰なものに変えたいらしい。まあ、青梅だって半年も前に参加希望を締め切って抽選をしていたくらいの「歴史と伝統」を笠に着た人気大会だったんだから、競い合うのもいいんじゃないか。石原大会のコース案では、私にも馴染み深い都心のど真ん中をぐるっと回るので(出典)、ちょっと気にはなる。運営者側は、一般から広く参加者を募るのと交通規制のコストとを天秤にかけて悩むことだろう。どうせなら、ホノルルやニューヨークのように「制限時間なし」の英断を下して1日都心から車を締め出して、1年で1番東京の空気が綺麗な日を実現させてみてはいかがだろう。
[PR]
by phasegawa | 2005-11-13 16:52 | run