長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 01月 23日 ( 1 )

一周忌

b0051385_10463693.jpg亡母の法要のために日帰りで新潟へ行く。朝、半分寝ぼけている長女に、一緒に行くか?と尋ねたところ、行く、と言うので2人で上野駅へ走る。2歳の子供の意志を尊重するというのも親の躾としていかがなものか。幸い面倒を見るといってもオムツを一度替える位で、新幹線のトイレで糞もでき、泣いたりグズったり経の最中に走り出すこともなかった。軽率だったのは運動靴を選んでしまったことで、ぐしゃつく雪道のために一瞬にして靴下まで浸水し、読経が響く寺の本堂のストーブで乾かした。寺の配慮で父の三周忌の経まで上げてもらい、今年の公式仏事イベントは終了する。あとは、破損が進み危険な状態にある墓石の一部改修工事になる。中越地震でも墓石は随分倒れたと、足を運んでくれた叔母から話を聞く。また、被災地に送られる救援物資の流れには随分偏りがあったことも聞いた。テレビで集中して報道される長岡や小千谷にはモノが余ってスマトラへ送れるくらい集まっても、より小さな自治体、例えば叔母の住む南魚沼市は不足のままだったりするらしい。車窓から見えるのは例年通りの真白な雪景色だが、雪の下の暮らしを思うと気が塞ぐ。
[PR]
by phasegawa | 2005-01-23 11:39 | diary