長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー

2004年 12月 18日 ( 1 )

遠藤メソッド

英語ビジネスの師匠の新オフィスをソフト業のパートナー脇坂社長と訪問する。お会いするのは久しぶりであったが、英語教育に賭ける情熱はいささかも衰えておらず、例によって長時間の面談になる。脇坂さんから「楽して覚えられる教材ブームはいい加減終わった。来年あたりからはいよいよ本物が注目を集めるでしょう」と言ってもらって先生も我が意を得たりといったところ。受講生達の実力向上のデータもだいぶ集まってきて、ますます自身を深めた様子。発音矯正教材の使用前使用後の紹介映像が秀逸ではないかと思う。耳で聞く音からではなく、口の形と舌の位置の組み合わせを50通り覚えることから入るというユニークな学習法。わずか1ケ月でこれだけ発音が上達し、しかも2度と元の日本人発音に戻らない、と聞いたら身を乗り出してくる英語ニーズがある人は結構いるのではないか。私自身、先生と一緒にLAまで行ってこの学習法の特許を持つ日系1世の教育者による授業風景を見学して感銘を受けているが、そのエッセンスがCD-ROMに凝縮されていること自体が快挙である。カリキュラムの一部には忍耐を強いる部分もあるが、ある程度やる気がある人においては遠藤メソッドの高効率性は優れたパフォーマンスを約束するはずである。ぜひとも多くの人達に試してもらいたい。
[PR]
by phasegawa | 2004-12-18 23:44 | diary