長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

全アジア待望の完全映画化

頭文字Dが中国で大ヒット中とのニュースを知る。香港映画であるが、実写版ということで、ロケ地は日本、舞台は群馬、主人公はとうふ屋の藤原拓海、だが、その役を演じるのは台湾人で、しゃべる言語は広東語、ヒロインなつきだけが日本人の俳優で鈴木杏。この映画が今、興行収入でスターウォーズを大きく上回っているという。日本では9月公開らしいが、果たして逆輸入されて売れるのかどうか興味深い。
この左端は恐らくイツキ、その隣は藤原文太役であろう。顔も、醸し出す雰囲気も、どうも不思議な感覚だ。イツキの表情なんかいかにも憎めない香港映画キャラである。高橋涼介みたいに滑稽なほどクールな役柄はどうするのか。おそらくは日本人に馴染みのある世界観よりもずっとストレートに熱い感情表現がなされるのではないか。「アジア最高スタッフ」による華流な映像に私達はどう反応するのだろう。
頭文字Dに由来する自社製品をひたすら営業していたのは、丁度5年前の今頃だった。8月は1日も休まず店頭デモに走り回った。バグが取れずに何度もGMを焼き直したり、ユーザの自宅まで出張サポートに出向いたり、自社サイトのBBSで釈明を試みたものの荒れまくるので閉鎖したり、とトラブルだらけだったが、ソフトの企画としては抜群に優れていたと思う。今もってオススメの一品。未だ触っていない人には是非試してもらいたい。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-12 22:42 | issue