長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

小倉昌男氏死去

昨日のこと。3ケ月前に著書に感銘を受けたばかりだったのに。以下、今朝の日経の評伝のコピー。
「小倉昌男氏は純粋さと高い志を持ち、前人未到の領域を切り開き続けた。生涯で二つ、国民生活にかかわりの深い”常識”を打ち破っている。赤字必至といわれた『宅急便』事業と、障害者に月給10万円以上を払う福祉経営だ。
宅急便事業を始めたのは1967年1月。長距離・大量輸送が主流の陸運業界で、家庭の荷物を扱うこと自体が非常識だった。初日の取り扱いはわずかに11個。だが小倉氏は『家庭の主婦が必ず支持してくれる』との信念を崩さなかった。
顧客の視点に徹して『クール宅急便』などのサービスを次々に編み出した。同業他社も追随し、宅配便は国民のインフラに育っていく。
官僚と真っ向から対決したことでも知られる。1986年には、路線免許申請を5年も放置した運輸省(現国土交通省)に業を煮やし、当時の橋本龍太郎運輸相を提訴、免許を勝ち取った。権力をかさに着る官僚を侍に見立て『二本差し(侍)が怖くて、おでんが食えるか』と江戸の町人気質を発揮した。
第二の人生では、時価で約46億円のヤマト運輸株を寄付してヤマト福祉財団を設立。障害者が働く共同作業所を視察し、月給が平均1万円の現実を知る。『この豊かな日本で絶対に許せない』と憤り、福祉施設の経営改革に乗り出した。
その一つとして、焼きたてパンのチェーン店を展開し、障害者に健常者と一緒に働ける場を提供した。福祉関係者に『夢のような話』と言われた月給10万円も実現させた。『保護ではなく、自立を支援するのがノーマライゼーション(等しく生きる社会の実現)』という哲学を貫き通した。私生活では『真心と思いやり』を大切にする紳士だった。入社直後、結核で闘病生活を余儀なくされ、駆け落ちを誓った恋人も去った。絶望のふちで信仰に目覚め、クリスチャンとなる。神に生かされている恵みをかみしめながら、人のためにと高い目標に挑み続けるロマンチストだった。(塩田宏之編集委員)」
同氏の遺志を継いだという人のをR30さんが書いてた。
[PR]
by phasegawa | 2005-07-01 19:34 | diary