長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

野村監督の私の履歴書

野村監督の連載が本日で終了した。34歳からプロの監督を務めていた人がアマチュア野球という格下の世界に身を投じた事実だけでも興味深いのであるが、この人の、苦労と栄光と挫折の繰り返しの半生を知るにつけ、やはり一貫したものがあるのだなと知らされた。自分の打席で代打を送られ、その代打が打ち損じることを祈っている自分に気がついた時に現役引退を決意したという。自身のもがき苦しんできた姿を晒している点で、自慢話ばかりの政治家などとは雲泥の違いの面白さであった。

なるほどと思ったのは、ヤクルトと阪神のチームカラーを比較した話である。
「ヤクルトでは私の哲学、思考が乾いた土に水が染み入るように選手たちに浸透していっていると感じたものだが、阪神では何を言っても馬耳東風、聞く耳を持たないという感じだった。(中略)阪神は生え抜き意識の強い球団で、外から来た人間に強い違和感を持っている。しかも、ファンもフロントも、マスコミまでも選手たちをかわいがる。球団創設六十年以上の歴史の中で出来上がった甘えの体質。『井の中の蛙』でずっと野球をやってきたので、私のような考える野球を理解できなかたのではないか。ヤクルトの選手が『大人』なら、阪神の選手は『子供』とつくづく感じたものだ。」
典型的な阪神の選手が今岡であり、能力があるにもかかわらず、それを出そうとしないと言う。
「覇気がないというか、一生懸命さが見えてこない。がむしゃらにプレーすればすごい選手になると思っていたからこそ、何度も監督室に呼んで注意したものだ。」
ある日、手抜きとしか考えられないプレーについに監督の堪忍袋の緒が切れた。
「監督室に呼んで、『お前、胸を張って一生懸命やっていますと言えるか』と問いただした。だが、無言。何を聞いても答えない。チームのムードを壊すし、仕方がないので二軍に落としたのだった。
禅に『前後裁断』という言葉がある。その一瞬、その一瞬に命を賭けて全力を尽くす、という意味である。プロの選手なのだから一プレー、一プレーに、自分の持てる力のすべてをぶつけなければならないのは当然のこと。だが、阪神では、『体力』『気力』『知力』『技術力』の四要素のうち、最も基本的な気力の面を問題にしなければならないのは寂しいことだった。」

野村監督には寂しい顔、ぼやく顔ががよく似合う。

「結局、今岡については、最後まで理解できずじまい。今でこそチームの中心となって働いているが、私が監督のときは、ファンを裏切る無気力プレーの連続に、泣かされ続けたのだった。」
今や阪神の打点王、大スター今岡のかつてのプレーはそんなにファンを裏切っていたのだろうか。むしろ一番裏切られたのは、ファンよりも野村氏個人ではなかったか。
仰木監督の粋な計らいだったオールスターのピッチャー・イチローには激怒し、阪神では3年連続最下位という不名誉を演じた野村氏なりに、野球ファンに対してはどう想いを馳せてきたのだろう。かつて野村氏を奮い立たせてきた、羨望と反骨の対象だった読売の人気も最近ではすっかり落ちぶれてしまっている。

阪神ファンの一途な応援と甘やかし体質は、世の中の物事には光と陰の両面がある真理をそのまま反映していると思う。タイガースっていいよね、というプラスの共感エネルギーは、それがあまりに甘美なために、人の弱さや甘さの多くを覆い隠してしまう。その辺が野村氏にはよく見えていたのだろう。3歳で父親をなくし病気の母を助ける極貧生活の中這い上がり、王・長嶋に匹敵する実績を出しながら「ボクは人の見ていないところでひっそり咲く月見草」と自分を語る野村氏には、清濁を知り尽くした人間の透徹した視点と同時に屈折した心根を感じてしまう。

野村監督をしてもお手上げだったダメ虎を劇的に立て直したのが星野監督だった。野村氏はオーナーの言葉を借りて自分と星野氏を冷静に比較している。「詰めが悪かった」と自分を認めるその様は確かに潔くはある。だが、間違っても缶コーヒーのCMなどにはお呼びがかかりそうもないキャラクターにしても野球理論にだけは絶対の自信を持っていたはずの野村氏は、自らにどう折り合いをつけていたのか。

連載の冒頭、野村氏は中国の思想家・呂新吾を引き、自身の監督人生は、でこぼこ道を「深沈厚重」たる指導者を目指して歩んできたと言っていた。「考える野球」こそ氏の神髄。しぶとくも底知れぬ暗さが魅力の人である。
[PR]
by phasegawa | 2005-06-30 22:35 | review