長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ホリエモン報道 2

先週、出張で浜松の館山寺温泉に宿泊したのだが、私がロビーの一角でPCをいじっていると、宿の土産物屋のおじさん、おばさんらによる大声での堀江談義が聞こえてきた。論調はシンプルで、彼をまったく信用できないというもの。「だいたい顔見ただけで悪い奴だってはぁっきり書いてやんだよなぁ。」「そうそう、外人の手先として言うなりになってるだけなのよねぇ。」「まったく気味悪いわなぁ。あんな奴が出てくるなんてなぁ。騙されちゃいかんねぇ」ビジュアルはどうしようもないか。お茶の間にはこんな感覚もあるのかと新鮮に感じた。オウムに比したり、ヒーロー待望論と見る向きもある。
ニート・ひきこもり・失業 ポータルネット:ヒーロー待望論の不幸な結末

ひな祭りの日のLF社員一同の声明文。他の言い方はなかっただろうか。
企業価値とは、「先輩たちから伝承されてきた放送人としての精神」で、「それは、『リスナーのために』です」って、いくら聴取率が高いLFであっても今回の論争の中に出てくる材料としては、どうも頼りない感じだ。株主の権利は置いておくにしても、放送局の権益と視聴者利益だけを考え直す意味でも、LFは一度LDの子会社になってみた方が緊張感が走っていいのでは、と思ってしまった。マスコミ論としてはこちらが参考になった。
カトラー:katolerのマーケティング言論:絶望して去る人と絶望もできずに徒党を組む人々
VIDEONEWS BLOG:堀江氏の会見について思うところ

企業買収については、買手=悪者と即断するなと語る、2日の日経での永守氏の見解にまたも共感した。
kichanのトレード日誌:企業買収を問う

明日はCXによるTOBの応募締切日。
[PR]
by phasegawa | 2005-03-06 22:45 | issue