長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

セキネさんと飲む

SE社セキネ編集長と会社近くの「ねねつぶ」にて。
たぶん私にはよく見えていないのだが、すごく大きいかもしれない市場を意識した同業者同志。こんなのはどう?、バランスがむずかしいですなぁ、儲かるかなぁ、などと話す。私の方は、考えていた企画を聞いてもらい、意見してもらったり、アイディアを膨らましてもらえたりするのでいつもたいへん勉強になる。今回新たに学んだ編集者の心得は、誌面作りにあたっては表のテーマとは別に裏のテーマを用意することがあること。裏は表になってはいけない。そんな微妙なさじ加減が私にできようはずもない。所詮今の自分にできることとできないことの隔たりを自覚させられており、共感できる価値観を持った才能ある人に、自分がやりたくてもできそうにない事業を成し遂げてもらうのはとても楽しみである。
脱帽するという意味では、堀江氏が社長日記で「面白いことやろうよ!」と素朴に語るのに対し、さしあたって反論しようがないという状況にも似る。300件、言いたい放題に書き込む人達はどう受けとめているのだろう?
自分が面白いことに多くの人を巻き込み、商売としても成功させること。仕事冥利に尽きるのは間違いない。
このところ飲んだ後には3回連続して帰りの電車の中で熟睡、降りる駅を乗り過ごして結局タクシー帰りであった(先週は都庁前から地下鉄に乗った2時間後に都庁前からタクッた)が、今日の終電では目が覚めていた。
[PR]
by phasegawa | 2005-02-16 12:49 | diary