長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ニッポン放送株

サンデープロジェクトに渦中の堀江氏が出演しているのを見たが、なんだか他の出演者達と話がかみあっていない感じがした。テレビ・新聞の報道とネットではだいぶ乖離があるようだ。以下、ブログを徘徊して気になった点と参考記事など。

1. フジのニッポン放送TOB前の株式取得やライブドアの市場内立会外取引による35%取得はケチがつく可能性はないのか?
isologue by 磯崎哲也事務所:ニッポン放送株式取得とインサイダー取引
ふぉーりん・あとにーの憂鬱:ライブドアのニッポン放送株式は「違法」・・・だなんて、滅相もありません(1)

2. ライブドアが発行したMSCB(転換価額修正条項付転換社債)に伴う同社株希薄化リスクについて。
J_Coffeeの株式投資日記:その時、株価はどう動いたか(9)続・買ってはいけない(ライブドア)

3. フジテレビの対抗策は、同社の経営支配権の確保が目的となるために、ニッポン放送の上場廃止など同社が保有するニッポン放送株の経済価値の毀損を意図したものとなる。そうすると、フジテレビの一般株主の利益に抵触しないのか?
RHEOS REPORT:フジテレビの対応はどうだろうか?

4. フジサンケイグループと事業提携するとしてどこから手をつける?
R30::マーケティング社会時評:またまたぁ、みーんなほりえもんに釣られてぇ~(笑)
江川招子ジャーナル:「新聞・テレビを殺します」 ~ライブドアのメディア戦略

5. 掲示板や社長日記が荒れまくることに象徴されるネット社会は、世の欺瞞を強く糾弾する、ヒマだけど無能ではない人達を飲み込んで集団心理を形成・昇華させているとする見方。
切込隊長BLOG:修正主義者とでも言おうか

堀江批判の中には、堀江氏は投資家であって経営者ではない、金さえあればなんでもできると勘違いしている、といった意見が散見される。なんだか、投資はよくて投機はいけない、の話と同じに聞こえる。あまり目くじらを立てるところではないと思うのだが。

CXグループの株のねじれ現象は何年も前から知っていたのに、私は買いには踏み切れていなかった。資本市場の厳しさや村上ファンドの推進力をも過小評価していた訳で、堀江氏を引っ張り出したところで突っ込みが浅い既存のマスコミと別段変わらない。現実のスピードとダイナミズムについていけてない、自分の甘さを知らされた。
[PR]
by phasegawa | 2005-02-13 17:31 | issue