長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

復調の日

6時、起床。2日で24時間近く眠ったせいか、すこぶる快調な目覚め。もはや熱も何の不調もないと確信。一昨日の吐き気が嘘みたい。ちょっと寝れば治る。心身共にまったく単純な構造のようだ。
9時半-13時半、社員面談。賞与査定に関わるものだったが、効率化のために10人を5組に分けて一気に行う。各人の自己設定目標をヒアリングしつつ細かな補充や具体化を確認。こちらからの期待の投げ掛けのつもりが、逆に強い要求を突きつけられたりしてたじろぐ。今回から始めた、同じ紙に双方が手で署名捺印する儀式が、データのやりとりに慣れ親しんだ身に意外に新鮮。ちょっとした緊張が生じる。こういうものは、何しろ惰性にならないことが大切なのだと再認識。何をするかという中身以上に、スタイルを変えることに意味があったりする一例だ。
14時、前職の上司Aさんより突然の電話。「おい、ちょっと困っとるのや。ヤツのケータイおしえろや。・・・」いつ電話をもらってもやはりびびる。永遠に大親分と小僧の関係である。今日は、わが身ではどこをどうやってもどうしようもないことを確認して胸をなでおろす。
16時半-18時、業界団体定例会合。某九州家電量販チェーンの本部機能が東京に移ったということで着任されたばかりの書籍を含むOA課担当課長がご来訪。600店余りの店舗のうち書籍を扱っているお店は現在28店。現状が中途半端であったとの反省のもと、今後は見直しをかけ、集客のためにも良い棚を作るつもりであるとのご決意を伺う。薄型液晶テレビで大きく稼ごうという企業が本の売上にどこまで力を注げるかは実際は難しいところだろう。SE社の佐々木さんが言っていた通り、毎日新製品が届く製品ジャンルは他にないはずだ。それをチャンスと思うか、リスクと思うか。チャンスと思った人が報われる市場であって欲しい。きばりんしゃい、九州企業。
19時-20時、妻実家宅。残業の妻に代わり、娘の食事に付き合う。長女は間食のチョコが多過ぎたようでなかなかご飯を食べない。私より食べさせるのが上手い義母に子供を任せっ放しにして、私は頂いたにごり酒を一人痛飲。いつものことながら恐縮する。
21時、娘二人を寝かしつける。最近の我が家の流行歌。「ちょーっと ぱーさん ぐーすけ ちょーだい かーみにくるんで ちょーだい ちょーだい ぐるりとまわって じゃんけんぽい。」NHK教育の「にほんごであそぼ」の影響である。彼らは、平家物語にも宮沢賢治にも野村萬斎にもほとんど関心を示さないが、コニちゃんの存在とこの手のわらべ歌には反応する。
23時、メール処理、この日記。風邪で寝てたら何もできなかった。健康はありがたい。
[PR]
by phasegawa | 2005-01-28 00:06 | diary