長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

月次決算

12月の月次試算表が1月14日に完成した。従来1ケ月もかかることがあっただけに大幅な時間短縮であり、ひとえに西藤さんの努力の賜物であるが、年の初めから嬉しいニュースである。月次決算は投資家のため、という意見も聞いたが、必ずしも社外の人のためとは思わない。今、自分の収入を依存している会社の財産状態や損益状態がどうなっているのかを知ることは、その会社の社員全員にとって意味があるはずだ。会社が儲かって現金が多くなれば、給料を増やすことができる。でも増やしすぎると、カネが足りなくなるから借金をしないといけなかったりする。そもそもカネがないと将来のリターンに向けた自社の投資活動を積極的に行うことができず、ジリ貧になりかねない。在庫や返品に気をつけろ、と言われても具体的な数字の推移を把握できないとピンとこないだろうし、今月がいくらの黒字・赤字かわかったら緊張感も違ってくるのではないか。上場会社であろうがなかろうが、社員数が1人だろうが1,000人だろうが、タイムリーな決算が不要な会社はありえない。次回は2月10日が目標だ。
[PR]
by phasegawa | 2005-01-19 18:03 | business