長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アップルが元気

MacWorldで紹介された「シャッフル」や「ミニ」といった用語がオフィス内でも飛び交いまくり、安直な便乗企画も次々出てくる。新製品発表の翌日には四半期過去最高決算ニュースでまた盛り上がる。今日の時価総額は3兆円。日立、東芝、任天堂よりも遥かに大きく、ソニー、ヤフーに匹敵する。これが4年前だと1/4の7千億円。当時は10倍以上の格差のあったソニーに身売りか、とか言われていたのに、形勢大逆転である。業績牽引役のiPodは、9-12月だけで458万台売れ、米国の携帯型音楽プレーヤー市場の65%のシェアだとか。家電のようにおなじみの大企業がひしめいて競い合っている市場で、新規参入したパソコン屋がこうもあっさりシェアを獲得するとは面白い。いろいろ学ぶところがあるように思う。Macのシェアもぜひ伸ばし、神話の新章を作ってもらいたい。
話は飛ぶのだが、昨秋フランクフルトの現代美術館に寄った折の展示物で、マッチョなビキニの黒人が携帯プレーヤーを聞きながら一人お立ち台の上で激しく踊り続けるパフォーマンス・アートを見た。生身の裸体が目の前で精密な動きで激しく踊り、聞こえるのは飛び散った汗を踏むキュッ、キュッという音ばかり。すりこまれたiPodのTVCMの表と裏みたいなのが新鮮で、私は見入ってしまった。私の疑問は、彼はいつ休むのか?というものだったが、一応スケジュールが決まっているようで、一段落すると彼は踊りを止め、タオルを抱えてエレベータに向かった。ところが、そこへ新たな客が来て、終わっちゃったよ、とがっかりした顔を見せた。すかさず黒人ダンサーはニッコリ笑い、またお立ち台の上に駆け上がるのだった。その時の笑顔が爽やかだった。
[PR]
by phasegawa | 2005-01-14 13:40 | diary