長谷川新多郎の備忘録。最近は写真中心。


by phasegawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ICタグを学ぶ

業界団体の集まりで出版倉庫流通協議会からICタグの実験状況についてレクチャーを受ける。バーコードと異なる点は、1)電波帯域を使うので離れた場所からでも読み取りが可能、2)本に装着したチップに96バイト程度まで情報の書き込みが可能、といったあたり。
そうすると、単品管理が非常に簡単にできるようになる。例えば、書棚から本を取り出すことなく、また、パレット単位やダンボールの箱を開けることなく、感知器を近付けるだけで在庫状況が瞬時にデータで把握できてしまう。取引条件や流通経路をチップに書き込むことで商品を区分けし、精算や返品時の混乱を避けることもできる。
書店にとっては万引対策が重要であろうが、店頭購入時の履歴を書き込み、新古書店にも協力を仰げれば、万引した本を新古書店に売れない仕組みを作ることができる。
実用化にはかなり時間がかかりそうだが、夢のある話だった。
[PR]
by phasegawa | 2004-11-25 21:49 | business